「健康茶」による便秘対策

市販の便秘薬というのは、「腸に強い刺激を与えて無理に働かせる作用を持つため、使い続けると腸が疲れ果ててきちんと働けなくなり、便秘がますますひどくなってしまう」というデメリットを持っているのですが、では、薬ではなく、便秘対策に効くと言われる「健康茶」なら大丈夫でしょうか?

 

要注意!継続飲用を控えるべき健康茶もあります!

「健康茶」と言うと、いかにも副作用がなさそうで、便秘対策としてずっと愛飲し続けられる、そういうイメージを持ってしまいそうですが、結論から言うと「中には、継続して飲用を控えたほうがいい健康茶」というのも存在します。

 

その代表格となるのが「センナ茶」です。
センナ茶は「生薬の自然な作用でお通じスッキリ」などという趣旨のふれこみで、便秘対策の健康茶として売られているのですが、実はこのセンナの作用というのは「腸に強い刺激を与え、ぜん動運動をさせるよう作用する」というもので便秘薬と同じような作用なんですよ。
というか、実際に便秘薬の中には、センナを使用しているものもあるくらいです。

 

センナは、濃く出したセンナ茶を飲んだ際に、腹痛を感じる人が多いのはこのためです。「下剤を飲んだ時と同じような刺激」に、胃腸が悲鳴をあげてしまっているわけですね。

 

また、センナほどではありませんが、ゆるやかな「下剤に近い作用」を持っているものとしては、ハブ茶が挙げられます。ハブ茶の原材料は「エビス草」と言って、これも便秘薬に使われることがあるものです。

 

エビス草はセンナと比べれば腸への刺激も弱めですが、それでも「無理に腸を動かそうとする」という趣旨だけで言えば、センナと大差はありませんので、長期引用は避けたほうが無難でしょう。

 

便秘対策として使える健康茶は?

では、便秘対策として使える健康茶は何なのかというと・・・

 

どくだみ茶がおすすめですね。
どくだみは「腸を刺激する」というのではなく「便をやわらかくする」という作用で便通をうながしますから、腸にダメージを与えるリスクが低いのです。

 

ただし、どくだみには利尿作用があるため、飲みすぎは禁物。適量を守って、「焦らず急がず便秘を少しずつ改善させる」というくらいの気持ちで飲み続けましょう。

 

また、お茶と言えば、緑茶や抹茶の茶葉を粉末状にした「粉茶」を飲むのもおすすめです。茶葉の食物繊維がとれるので、食物繊維による便秘改善効果が期待できますよ。

 

ただし、緑茶も抹茶も、基本的にはカフェインが入っていますので、これも寝る前の飲用や、日中でも飲みすぎは禁物ですので注意しましょう。