乳酸菌で腸パワーをアップしよう!

「腸内環境正常化のために欠かせない存在」と言えば、何といっても善玉菌。
善玉菌が悪玉菌よりも強い状態であれば、便秘になることはまずありません。

 

腸内で働く善玉菌にはいろんな種類がありますが、その中でも「最重要な善玉菌」と言えるのが、ビフィズス菌などの「乳酸菌」です。
乳酸菌は善玉菌の中でも特に、整腸作用にすぐれているんですよ。

 

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2つのタイプがあります。

 

動物性乳酸菌というのは、皆さんおなじみの、ヨーグルトやチーズなどに含まれている乳酸菌のことを指します。
ヨーグルトやチーズは、原料が「動物の乳」なので、動物性乳酸菌と呼ばれるわけです。

 

これに対して、みそや納豆・キムチ・漬物などの、「植物性発酵食品」で摂取できるのが、植物性乳酸菌です。

 

さて、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌、そのどちらがいいのかというと、結論から言えば「植物性乳酸菌のほうが、特に好ましい」と言えます。

 

その理由は、「腸に生きて届くかどうか」の割合の差です。
通常の動物性乳酸菌は、胃酸に大半が殺されてしまい、「生きて腸に届く」というのは一部だけにすぎないのですが、植物性乳酸菌は苛酷な環境にも耐える力を持っているため、生きて腸まで届く割合が多いのです。

 

「昔ながらの和食が、便秘対策にいい」と言われるのは、このあたりにも理由があるんですよね。昔の日本人は、みそや漬物・納豆の摂取が今よりずっと多く、無意識のうちに、植物性乳酸菌を豊富に摂取していたのです。

 

というわけで、ごく一般的な例で見れば、「植物性乳酸菌のほうがいい」という結論になるのですが、近年では「生きて腸まで乳酸菌が届くヨーグルト」などもたくさん販売されているため、これらを選べば、動物性乳酸菌でも、便秘の改善・解消に大いに役立ってくれるでしょう。

 

もちろん、植物性乳酸菌がたっぷりの植物性発酵食品も、日々の食生活に取り入れられれば、より理想的です。

 

「おつまみにはキムチ」「夕食のおかずのひとつに納豆をつける」というような形で、取り入れていくといいですよ。

 

朝食はやっぱりヨーグルトがおすすめ!?

朝のスタートの乳酸菌摂取スタイルとしてもっともおすすめなのは、やはり、手軽に摂取できる「ヨーグルト」がいいでしょう。

 

普通のヨーグルトよりも「生きて腸まで乳酸菌が届く」というタイプのものを選ぶのがおすすめです。

 

また、できれば無糖のヨーグルトを選ぶのがおすすめ。そうすれば、甘みづけのために、乳酸菌の強力なサポート役となるオリゴ糖を加えたり、食物繊維豊富なドライフルーツを入れたりと、「便秘対策への、さらなるプラスアルファ」の工夫も容易です。

 

「朝食は和食派」という人であれば、納豆・漬物・味噌汁をメニューの中に取り入れるのがおすすめです。味噌汁にはたっぷりとわかめを入れ、食物繊維摂取も増やしましょう。