便秘による健康トラブル

便秘についてのトラブルと言えば、ニキビや吹き出物・肌荒れなどの肌トラブルばかりが注目されることが多いのですが、便秘の問題は美容面だけではありません。

 

便秘というのは、健康面においてもさまざまなトラブルの原因となる、やっかいな存在なのです。

 

便秘によって引き起こす代表的な健康トラブル

便秘が引き起こす健康トラブルの中でも代表的なものと言えば、「食欲不振」「腹痛」「痔」などが挙げられます。

 

まず、食欲不振については、腸内に便がたまりすぎると、便の発酵によるガスが胃まで圧迫するようになるのです。これによって食欲不振や胸焼け・吐き気などのトラブルが起こることがあります。

 

次に、腹痛については「便とガスによる、ダブル圧迫」から来ている可能性が高いですね。

 

痔については、何と言っても「便秘の人は、トイレでいきんでしまいやすい」というのが最大の原因です。いきむことによって肛門への圧力が強くなるだけでなく、便秘の人の便は、腸に水分を吸われて硬くなっているため、便が肛門を通過する際にも、大きな負担をかけてしまうのです。

 

えっ!?こんな健康トラブルも便秘から?

便秘が引き起こす健康トラブルとして、意外と知られていないのが、頭痛や肩こりです。

 

これらの健康トラブルは、便秘とはまったく関係なさそうに思えますが、実はそうではないんですよ。
便秘によって老廃物が体外にきちんと排出されなくなると自律神経が乱れ、その乱れによる血行不良で、頭痛や肩こりなどを招いてしまうことがあるのです。

 

「マッサージをしてもすぐに肩こりが元に戻ってしまう」というような症状に思い当たり、さらに便秘だという自覚がある人は、その症状は便秘を改善すれば楽になるかもしれませんよ。

 

便秘が引き起こす最悪の健康トラブル

便秘が引き起こす健康トラブルの中でも、「最悪の健康トラブル」と言われるのが、大腸がんです。

 

ちなみに大腸がんは「便秘が発症のの原因」と、ハッキリとデータで証明されているわけではありませんが、日本人に大腸がん患者は、食事の欧米化に比例するように増加しているため、「食生活の変化による腸内環境の悪化が大きな原因である」という推論については、ほぼ間違いないであろうと考えられています。

 

また、がんと言えば、近年では「便秘は、乳がんの発生リスクとも因果関係があるのでは」という説が注目されています。

 

というのも、「乳がん患者には、便秘の人の割合が多い」という趣旨の研究結果が、アメリカで出されたことがあるからです。
この説については「便秘と大腸がん発生リスクとの因果関係」よりもさらに研究途上ですので、まだハッキリしたことは言えませんが、非常に「警戒しておくべき説」であることは間違いないと思います。

 

他にもある、便秘が引き起こす健康トラブル

便秘が引き起こす健康トラブルは、他にもあります。

 

ガスや便による腸内の圧迫によって、大腸の中にくぼみができてしまうと「大腸憩室(だいちょうけいしつ)」という病気になってしまいますし、高血圧や胆石症の患者の中にも便秘の人の割合が普通よりも多いことから、これらの病気も便秘との因果関係があると推測されています。

 

また、大腸ポリープも便秘によって引き起こされやすい病気ですね。「ポリープなら、がんじゃないから大したことない」と思われるかもしれませんが、重度の便秘になると、「大腸ポリープが何度もできてしまう」という状態になる人も少なくありません。
ですから「がんとは違う」と言っても、甘く見ていいものではないのです。
何度も手術をするのは、やはり心身に相当な負担がかかってしまうものですよ。