オリゴ糖は腸内環境正常化の頼もしい味方

腸内環境正常化のために、ぜひとも摂取したいものが「オリゴ糖」です。

 

ここではオリゴ糖の役割や種類について、ご説明しましょう。

 

腸内環境正常化のために、オリゴ糖が果たしてくれる役割とは?

腸内環境正常化のために、オリゴ糖がどんな役割を果たしてくれるのかというと・・・
ズバリ、「善玉菌の最強サポート役」です。

 

オリゴ糖が腸内に入ると、善玉菌のひとつである、ビフィズス菌が大喜びします。なぜかというと・・・実はオリゴ糖って、ビフィズス菌の大好物だからなんですよ。

 

しかも・・・オリゴ糖は、悪玉菌にとっては「積極的には食べようとしないエサ」でもあります。砂糖など、その他の糖分であれば悪玉菌も飛びついて食べるのですが、オリゴ糖は悪玉菌には好まれないのです。

 

つまり・・・オリゴ糖というのは、糖分の中でも唯一、「ビフィズス菌専用のエサ」と言ってもいいくらいの立場にいる糖分なんですよ。

 

ですから、腸内のビフィズス菌を効率よく元気にするためには「最適の糖分」と言えるのです。

 

オリゴ糖の種類

「オリゴ糖」と言っても、そのオリゴ糖にはいくつかの種類があります。

 

まず、一番手軽に入手でき、私たちも目にする機会が多いのが「シロップタイプのオリゴ糖」として売られている「イソマルトオリゴ糖」です。オリゴ糖の中でも、手軽で安価に手に入りやすいのが最大の魅力です。

 

また、ハチミツやしょうゆ・みその中にも、天然のイソマルトオリゴ糖が含まれています。

 

もうひとつ、甘味料タイプのオリゴ糖として売られているのが「フラクトオリゴ糖」ですね。

 

この他にも、大豆に含まれるオリゴ糖である「大豆オリゴ糖」や、乳糖を原料とするオリゴ糖で、母乳にも含まれている「ガラクトオリゴ糖」などがあります。

 

オリゴ糖は便秘対策以外にも役立つ!

オリゴ糖は、善玉菌のひとつビフィズス菌の大好物で、ビフィズス菌を元気にして腸内環境を良好にするのに役立つ、という意味で、便秘対策の頼もしいサポート役となってくれる存在なのですが、オリゴ糖のメリットはそれだけではありません。

 

他にも、「砂糖などと違って、摂取しても血糖値の急上昇が起こりにくい」「カロリーが砂糖より低い」などというメリットがあるため、血糖値やカロリーが気になる人にも「砂糖よりオリゴ糖がおすすめ」ということになりますね。