食物繊維をしっかり摂ろう!

便秘改善・解消のために欠かせないのが、「食物繊維の摂取」です。

 

食物繊維が便秘改善・解消のために果たす役割等について、ご説明しましょう。

 

食物繊維の役割とは?

便秘改善・解消のために食物繊維がどんな役割を果たすのかというと・・・
まず挙げられるのが「便の量を増やし、しかも腸内をきれいに掃除する」という役割。

 

食物繊維というのは、実は胃や小腸では消化されません。摂取した食物繊維の量が、そっくりそのまま腸に届きます。そしてこの大腸で、水に溶けないタイプの食物繊維である「不溶性食物繊維」が、他の「便になる食べ物カス」と混じって、便を形成していくんですよ。

 

消化のいい食べ物ばかりだと、大腸まで残る「食べ物カス」の量も少ないため、便の量が少なくて便がなかなか出なくなる、というタイプの便秘になりやすいのですが、食物繊維をたっぷりと摂っていれば、それが「便のかさ増し」に役立つのです。

 

豊富な食物繊維摂取のおかげで量がたっぷり増えた便は自然と押し出されやすくなり、さらに、食物繊維の「繊維パワー」によって、腸内をキレイに掃除してくれるという仕事もしてくれるのです。

 

また、水に溶けるタイプの食物繊維である「水溶性食物繊維」は、便の水分保持をしてやわらかさを保つのに役立ってくれるだけでなく、「善玉菌などの腸内細菌を増やす」という働きを持っています。腸内細菌が、食物繊維を食べて増え、やがてそれが死ぬと、その死がいも便の「かさ増し」に役立ってくれるんですよ。

 

「細菌で便が増えるって気持ち悪い」と思われるかもしれませんが、実は健康な便の場合、便の量のうち約3分の1が、細菌の死がいなどの「細菌由来」でできていると言われています。
細菌で便が増えるのは当たり前、どころか、むしろ好ましいことだということを理解しておきましょう。

 

かつて食物繊維は「栄養にもならないカス」扱いだった!

食物繊維が、便秘改善・解消にひと役買っているということが広く知られる前には、食物繊維というのは「栄養にもならない、何の役にも立たないカス」という認識が広まっている時代もありました。

 

たしかに、ごぼうなど食物繊維の多い食べ物をずっと噛み続けていると、味も何もない、まさに「食物繊維だけのカス」が口に残りますから、食物繊維の便秘に対する効用をあまり知らなかった当時の人としては「こんなカスはいらないのに」と思ったのも無理はありませんね。

 

しかし、今では食物繊維は、健康な腸内環境を作るために欠かせない大切な存在として広く認識され、名誉を回復したのです。