正しい排便のメカニズムについて

便秘というのは、「正しい排便のメカニズム」が機能していれば、起こり得ない現象です。早い話が、「便秘の人というのは、排便メカニズムのどこかに、エラーやトラブルが起こっている」ということになるんですよね。

 

というわけでここではまず、正しい排便のメカニズムがどういうものか、ということについて知っておきましょう。

 

正しい排便のメカニズム

食べ物を食べ、その食べ物が胃腸に入ると、それに対する反射のような作用で、大腸の大部分を占める「結腸」が、強い収縮運動を開始します。「腸のぜん動運動」というのが、これにあたります。
この結腸の収縮運動によって、腸内の便を、肛門に直結している「直腸」に送っていくのです。

 

そして、直腸に便が到達しはじめると、直腸から脳に「便が来たよ」という信号を出し、その信号を脳が感知します。そして脳は、便意をもよおすための信号を出して腹筋に連続収縮運動をさせるなどして、「直腸への便送り」を加速させるのです。

 

そして便はついに直腸から肛門に向かって押し出されていきます。
肛門まで便が押し出されてくると、肛門を締める「括約筋(かつやくきん)」が、便意に同調するようにゆるみ、肛門が開いて便が押し出される、つまり「排便」の状態になる、というわけです。

 

便秘の人は何が悪い?

では、便秘の人は、いったいこの排便メカニズムの何がおかしくなっているのでしょうか?

 

もっともよくありがちな「排便メカニズムのエラー・トラブル」として挙げられるのが、結腸の収縮運動、つまり「ぜん動運動」の力が足りない、というケースですね。

 

運動不足や、腸内環境の悪化などという要因があると、スムーズかつ強力なぜん動運動をすることができなくなってしまうのです。

 

また、ひどい便秘の人の中には「直腸から脳に、便が届いた信号をうまく出すことができない」「脳からの、便意を出すための指令をキャッチできない」などというケースもあります。「便意そのものがまったくない便秘」というのが、これにあたりますよ。