排便が一番のデトックス効果

近年、健康法として「デトックス」という言葉があちこちでよく使われていますよね。体に溜まった老廃物や毒素を排出する、という意味を持つ言葉です。

 

たとえば岩盤浴などで、「たっぷり汗をかいて、汗と一緒に老廃物を出してデトックスしてスッキリ」などという感じで、健康施設の宣伝にデトックスという言葉が使われていることも多いですよね。

 

しかし、実は「人間の最大のデトックス手段は、発汗ではなく排便」だということをご存知ですか?

 

デトックスは「健康的な排便」が大きなカギ!

「人間の最大のデトックス手段は排便」と先ほど言いましたが、では実際に、排便がどのくらいデトックスに役立っているのかというと・・・

 

「体内の老廃物や毒素のうち、約75%は、排便によって排出される」と言われています。
つまり、排便だけで、デトックスの7〜8割程度を担当している、ということになるのです。

 

だから便秘の人は、「体じゅうの老廃物や毒素の7割以上を、長時間体内に溜め込んでいる」というのと同じ状態になるわけです。老廃物や毒素は時間が経てば経つほど発酵・腐敗し、より状態が悪いものとなっていきますので、便秘になれば美容トラブル・健康トラブルが起こりやすいのは、このメカニズムを考えると「当然」とも言えますね。

 

「排便」の次に重要なデトックス手段は?

というわけで、便秘の改善・解消を目指すことは「本当の意味で健康的なデトックスを実現する」というためにも欠かせないことなのです。

 

では、ついでなのでデトックスの話をもう少しだけしましょうか。
排便の次に、重要なデトックス手段となるのは何だと思いますか?「今度こそ、汗をかくことだと思う!」という人も居るでしょうが、その答えは残念ながらハズレです。

 

正解は・・・「排尿」なんですよ。
体じゅうの毒素のうち、約20%は、尿が排出してくれるのです。

 

このことを考えても「適度な水分摂取」というのは大切であることが分かりますね。水分摂取が不足していると、便が硬くなって便秘を招くだけでなく、尿という「もうひとつのデトックス手段」の力も、半減してしまうのです。

 

さて、体じゅうの老廃物や毒素が、便から約75%、尿から約20%排出される、というのが分かってくると・・・発汗によるデトックスというのは、どう見ても数%レベルしかない、という事実も見えてきますね。

 

これを考えると、「便秘であるのにそれを放置しつつ、お金を払ってサロンで発汗によるデトックスをおこなう」というのは、非常に効率の悪い行為に思えてきませんか?

 

本当にデトックスをしたいなら、まずは便秘改善から!というわけですね。