腸を動かし腹筋も鍛えられる簡単呼吸エクササイズ

便秘解消のために理想的な呼吸法、といえば腹式呼吸ですが、それとはまた別に「短時間で、腸を動かして腹筋も鍛える」という、効率のいい呼吸エクササイズがあるのをご存知でしょうか。

 

さっそくやってみよう!簡単呼吸エクササイズ

ではさっそく、やってみましょう。道具などの準備は、一切必要ありません。

 

まず、その場に立つか、あるいはイスに座って、足を肩幅ぐらいに広げて下さい。
そして手のひらを、おなかの上に軽く添えるようにしましょう。

 

次に、鼻からゆっくりと、できるだけ大きく息を吸います。
そして息をたっぷりと吸ったら、「目の前に飛んできたゴミを吹き飛ばす」というイメージで、一気に息を強く「フッ!」と吐き出しましょう。
これを最低でも10回、できれば20回ほど繰り返します。

 

この「フッ!」と吐き出す時に、腸が大きく動き、腹筋にも力が入るんですよ。
「息を吸う時のリラックス・脱力」と「フッ!と息を吐く時の勢い」にできるだけメリハリをつけるのが、効果を高めるポイントです。

 

呼吸エクササイズをやるタイミングは?

さて、この呼吸エクササイズ、いつやるのがおすすめかというと・・・
できれば、朝起きて、着替える前までにやるのがおすすめです。

 

なぜなら、「できれば朝、出かける前に排便があるのが好ましいため、朝から腸と腹筋を積極的に動かすのが効果的」というのと、「この呼吸エクササイズは、締め付け感のないパジャマでやるのが理想的」だからです。

 

締め付けの強い服を着てしまうと、服の締め付けで息の吸い方が浅くなるだけでなく、腹筋などの動きも制限されてしまうため、本来の効果が得られないんですよ。

 

どうしても朝は忙しいので無理!という場合は、入浴後、パジャマに着替えてからやるようにするといいでしょう。
もちろん、朝晩両方やれるなら、それに越したことはありません。