「夜のガム噛み噛み」で快眠&翌朝スッキリ!

便秘改善・解消に役立つノウハウの中でも「トップクラスのお手軽ノウハウ」に挙げられるのが、「夜にキシリトールガムを噛む」ということです。

 

ここではそのメリット等についてご説明しましょう。

 

キシリトールガムは、おなかを自然にゆるくする!

なぜ、「夜のキシリトールガム噛み」が便秘対策におすすめなのかというと、キシリトールというのは甘味料のひとつなのですが、胃などで消化されにくいため、自然と「おなかをゆるくしやすい」という作用があるからです。

 

その作用について、もう少し説明すると、キシリトールには、水分をたっぷり抱え込む性質があるんですよ。
食道から胃などの内臓を通っていく際に水分を運んで行き、大腸で分解された際に、その水分を放出するのです。そのため便が水分を含み、柔らかくなりやすいというメリットができるんですよ。

 

ですから、夜にキシリトールガムを噛むと、寝ている間にちょうど「腸に、水分を抱えたキシリトールが到着し、便をやわらかくしてくれる」という、朝のお通じのためのスタンバイ状態を作ってくれるわけです。

 

キシリトールによる便秘改善効果は個人差がかなりありますが、1日あたり、4粒くらいのキシリトールガムを、しっかりと噛むのがおすすめですよ。

 

「よく噛む」というのも便秘改善のポイント!

キシリトールガムを便秘対策に使うなら、「まったくキシリトールの味がしなくなるまで、よく噛む」ということも心がけましょう。

 

噛む行為は脳にいい刺激を与えてくれるだけでなく、実はストレス発散にもつながります。

 

どういうことかというと・・・神経をリラックスさせる物質「セロトニン」は、リズミカルかつ単調な動きをすることで、分泌が活発になると言われています。そして、「ガムを噛み続ける行為」というのは、まさにこのリズミカルかつ単調な行為にあたるわけなんですよ。

 

そういえば、便秘とはちょっと関係ないですが、禁煙ノウハウの中でも「禁煙中のイライラをガムでごまかす」というのがありますよね。あの禁煙ノウハウも、やはり「ガムによるストレス解消効果」が認められていなければ、ありえないノウハウです。

 

あのような禁煙ノウハウがずっと世の中に出回っているという事実を考えても、やはり、ガムによるリラックス効果というのは、かなり期待できるものだと思っていいでしょう。